特別試写会前のプレゼントコーナーでは以下の方々に景品が当たりました。おめでとうございます!

鼻パッドのないサングラス「ギャラクシーアイズ」

名東区 松尾様

犬のシルエットにもなる、折り曲げられる老眼鏡

西区 戸井田様 / 昭和区 岡部様

コントラストもはっきりするパソコン用メガネ

守山区 石原様 / 知多市 菅原様 / 千種区 篠原様

サングラスブランド「AXE」メガネ置き

中川区 吉田様 / 緑区 加藤様 / 名古屋市 大山様 / 名古屋市 牧野様 / 土岐市 木股様

タイトル メガネ赤札堂 presents 映画「家族はつらいよ2」特別試写会へご招待!
募集 計100組 200名(申込多数の場合は抽選)
申し込み方法 終了しました。
締切 2017年5月7日受付分で締切といたします
当選通知 厳正なる抽選の結果、当選されたお客様の元に招待状を発送いたします。
※当選の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。

あらすじ

その悲劇もきっと明日は喜劇になる!旧友との再会は、新たな大騒動への幕開けだった!?

周造(橋爪功)と富子(吉行和子)との離婚騒動から数年――。周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めていた。高齢者の危険運転を心配した家族は、運転免許を返上させることを画策する。しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!?嫌な役回りを兄妹夫婦でなすりつけ合ううちに、平田家はまたもや不穏な空気に包まれていく―。そして土曜日、周造の免許返上問題を話し合う家族会議が開かれることになり、例のごとく召集された平田家の兄妹夫婦たち。だが、家族会議は一転し事態は思わぬ方向に…なんと前日に周造が家に泊めていた丸田(小林稔侍)が亡くなっていたのだ!平穏な住宅街はまたたく間にサイレンとパトランプの喧騒に包まれて、てんやわんやの大騒ぎに!!果たして平田家は再び平穏な日常を取り戻すことができるのか!?

山田洋次監督コメント

~撮影にあたって~

40 年以上も前になるけれども、新宿の映画館で『男はつらいよ』第1作を、観客が大きな声を出して笑っていたのを昨日のことのように覚えています。「もっともっと作ってくれ、俺たちまだまだ観てやるからな」という声がそのとき、お客さんから聞こえたような気がしました。そして前作『家族はつらいよ』を観たたくさんの方から「面白かった、これはシリーズになりますね」と言って頂きました。それは『男はつらいよ』をつくった時と同じでした。今回もそんな声に後押しされるような気持ちで作ろうと思います。
前回は“熟年離婚”がテーマでしたが、今回のテーマは、“無縁社会”です。平田家の家族はしょっちゅう喧嘩をするし、家族なんて面倒臭いなぁと思っているんだけども、ある登場人物の悲しい人生、昔は格好良くて、女の子からもモテ、一生懸命働き、順調だったはずの男が、バブルの時代を越えて、どんどん生活が苦しくなり、滑り台を滑るように最後まで行ってしまう、そんな悲しい「死」を目の当たりにすることで、自分たちの幸せに改めて気づき、家族が新たな絆を作っていく、そんなお話です。
喜劇映画では「死」を描くことはタブーだけれども、あえてそのタブーに挑み、その「死」がもたらす、滑稽でバカバカしい大騒ぎを丁寧に描いてみようと思います。
観客は笑いながら、大笑いしながら、格差社会の重苦しさにもふと思いを馳せてくれればいいなと思います。笑える映画を作ることは昔からのぼくの夢です。笑って笑ってシャツのボタンがちぎれてしまうような、そんな映画こそ作りたいんです。

作品概要

タイトル:『家族はつらいよ2』
原作・監督:山田洋次  脚本:山田洋次 平松恵美子  音楽:久石譲
出演:
橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優
藤山扇治郎 オクダサトシ 有薗芳記 広岡由里子 近藤公園 北山雅康
小林稔侍 風吹ジュン 中村鷹之資 丸山歩夢 劇団ひとり 笑福亭鶴瓶(特別出演)
制作・配給:松竹株式会社  制作プロダクション:松竹撮影所 東京スタジオ
撮影:2016年8月6日(土)〜9月29日(木)
撮影場所:
成城・東宝スタジオ
東京=葛飾区柴又、狛江市、立川市、日野市、大田区、世田谷区
神奈川=横浜市都筑区・青葉区・中区
埼玉県=さいたま市
千葉県=千葉市若葉区
※葛飾区フィルムコミッション他

 

©2017「家族はつらいよ2」製作委員会